責任者出て来いって、 ほんまに出てきたらどないすんねん?  逃げるわいなぁー


by korosukepoh777
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ぼやきつぶやきひとりごと( 3 )

Shall we ダンス?』

周防正行監督の『Shall we ダンス?』をアメリカ映画でリメークした作品があるらしい。

オフィシャル・サイト
http://www.miramax.com/shallwedance/

でも、この手の、流行った外国作品をリメークしたアメリカ版の映画って、どれもたいしたことない。
古くは黒澤監督の7人の侍をリメークした「荒野の7人」や、「二キータ」をリメイクした米国映画なんか、ひどくお粗末だったからなぁー。

このリチャードギアの主演作も、おそらく「とほほ」なものだろう。

それにしても、外国作品をそのままリメークした作品って、どこか流行った映画のTV版に作り直したようなチープさが感じられるのは何故だろう。

せっかく面白かった映画をTV局がぱくって、低予算でいい加減に作ったような…


このアメリカ版『Shall we ダンス?』、おそらくつまらないだろうが、その最大の理由は、ハリウッドには、竹中直人や渡辺えり子のような怪優がいないからだ。

この映画(周防正行監督版)の面白さは、竹中直人に尽きる。
ただでさえ一般人がちょっと引いてしまう「社交ダンス」というネタの面白さも、米社会ではあまり意味を成さないだろう。
[PR]
by korosukepoh777 | 2004-10-10 01:33 | ぼやきつぶやきひとりごと
日本2連敗1次リーグ敗退/男子サッカー


くうぅ・・・惜しかったなぁ、男子サッカー

ロスタイムにも一点挙げたのに…ただ、この粘りはきっと次につながるはずだ。




僕は、先日公園で子どもとサッカーをやっていて、右膝を負傷した。

後ろ向きにボールを追いかけてベンチに激突したのだ。

膝の皿の上を強打して(自己診断によると)全治3週間。

これさえなければ、オーバーエイジ枠でアテネオリンピックに出ていたかもしれないのに…


(それはナイナイ…)
[PR]
by korosukepoh777 | 2004-08-16 05:53 | ぼやきつぶやきひとりごと
その他
ウンザリするようなニュースはもいい。

警官が犯罪を犯したとか、わいせつ罪でつかまった教師とか、官僚や国会議員の汚職とか…

世の中が悪意で満ち満ちているようなTV報道を見ると、げんなりしてしまう。
だが、これはニュースソースになる話題だからTVや新聞に載るのであってその他大勢の警官や教師が全てその手の犯罪にかかわっているのではない。

というような当たり前なことを思いかえしてみる必要があるのだと思う。

確かに僕も世の中の人がみんなみんないい人だーみたいな楽天的な発想はないけれど、一方的に流されるマスコミ報道をそのまま鵜呑みにしてはいけないと感じる。
どこかでフィルターにかけて観る必要がある。
その犯罪が凶悪であったり卑劣であったりするたびにくり返しくり返し流される映像、そのマスコミの現象自体が異常だという事に社会が麻痺しているのだとおもう。
(犯罪報道がワイドショーで取り上げられるようになったのはオーム事件以後だと思うが、野次馬的な好奇心を満たすために、芸能人の結婚離婚不倫と同レベルで社会的な犯罪を扱うのは、どう考えてもおかしい。)

ここで取り上げられていることは社会の極々一部なのだという認識のないーそういう分別のない幼い人たちがこれらの報道を(内容を理解せずにイメージとして)どうとらえているのかとても気にかかる。

今年5歳になる息子に僕はどう答えてあげればいいのだろう。と僕は思うのだ。

「世の中には悪いことをしている人たちもいるけれど、その人たちの何十倍も何百倍も普通に生活している人や立派な行いをしている人がいるから、大丈夫だよ」

ということを、大人社会がメーッセージとして送る必要があるのではないか。


昔、小学生と話をしていた時に、当時汚職でつかまった政治家の話になった。
「だってこの人たち(国会議員)はみんな悪いことをしているんでしょ」とその小学4年生がいった。僕はそれを聞いて、こいつ(当時の国会議員)は万死に値するな、と思った。
国会議員はみんな悪いことをしていると小学生に思わせる政治家…この子がこれから大人になっていく世の中に対する感想(ほとんどはじめての感想)にこんなマイナスイメージを植え付けた責任をどう取るつもりなのか、と憤りさえ覚えた。

警官の犯罪をTVニュースで報道するならば、その分時間をかけて、普通の警察官、使命感にもえてまじめに働いている警察官をTV報道で流すべきだ。

TVが家庭のなかにストレートにメーッセージを伝えることを考えると、マイナスのイメージと同量のプラスのイメージを伝えることが、子ども達の目にとまりやすいTVというメディア使命ですらあると思うのだ。

子ども達の消費を食い物にしている(ゲームソフトのCMがなんと多いことか?)民放はこのテーマに真剣に取り組む義務があるし、国は強制的にもそうさせるべきだ。そのためにも放送権は許可産業になっているのだから。
[PR]
by korosukepoh777 | 2004-07-18 00:23 | ぼやきつぶやきひとりごと